工事写真管理

基準が厳しくなっている検査写真管理業務をサポート致します。

詳細図をデータ化 ・ 現場での写真撮影 ・ 写真データの整理 ・ 帳票打ち出し まで行います。

各種工事の建築写真管理も行っておりますのでお問い合わせください。

 
電子黒板・デジカメ搭載タブレット使用で

写真管理業務を大幅に時間短縮!


データ作り、撮影、整理、帳票の打ち出しまでトータルサポート致します

 


                蔵衛門PAD使用

 


黒板とデジカメがひとつになった電子黒板

200万画素のカメラを搭載したタブレット端末を使用します。

タブレットには電子黒板が搭載されており、工事内容・場所・日付などの情報を事前に入力することが出来ます。

タブレットの撮影プレビュー画面に黒板が表示され、指先で自由に配置してシャッターを切る。どんな環境でも黒板が鮮明に写るだけでなく、作業している人の手を借りることなく一人で撮影できます。





写真管理システムと連携、黒板の工事情報がそのまま台帳へ!

タブレットに入力された工事情報は全てデータ化されます。撮影した写真は

工種や測点べつに自動的に整理され、そのまま写真管理システムの台帳へ保存。工事情報を台帳に入力する手間がなくなり、台帳作成時間が圧倒的に短縮されます。





電子黒板タブレットで改善される4つのシーン



黒板に工事情報を記入する時間      

電子黒板タブレットは何百、何千枚の黒板を事前に登録できます。一度、登録した黒板は再利用可能。黒板を何枚も担いで現場へ持ち込むことや、撮影場所で何度も黒板に工事情報を書き込む時間がなくなります。【写真①】



   

     



黒板入り工事写真の撮影時間

事前に登録した黒板情報を選択。撮影プレビュー画面を見ながら、指先で黒板を好きな場所に配置して撮影するだけですので、人の手を借りることもなく、短時間で撮影することが出来ます。【写真②】



工事写真を整理する時間

電子黒板タブレットで撮影した写真は、黒板の工事情報にある、工種・測点ごとに仕分けされます。膨大な数の画像ファイルを一つ一つフォルダへ整理する作業はもう必要ありません。【写真③】





    



工事情報を台帳に入力する時間

写真管理システムと連動している電子黒板タブレットなら、黒板入り写真データと工事情報が、そのまま台帳へ保存されます。黒板の工事情報を入力する作業が省かれます。【写真④】